スポンサードリンク

天気

台風15号たまご2019進路予想と米軍・気象庁・ヨーロッパ最新情報!関東・西日本への影響は?

更新日:

台風15号のたまごになりそうな熱帯低気圧が発生しています。

台風13号・14号に続き15号も発生する可能性があるということで心配ですね。

まだ気象庁からの発表はなく、米軍とヨーロッパの予報によるものです。

9月は台風が発生しやすいので、注意をしていく必要がありそうですね。

米軍・気象庁・ヨーロッパの情報と関東・西日本への影響について調査していきます。

スポンサードリンク


台風15号のたまご発生の可能性

南東の海上、ウェーク島近海に、台風のたまごに変化しそうな熱帯低気圧が観測されています。

9月4日ごろに台風のたまごに変化するのではないかと見られています。

台風15号に変われば、関東に影響を及ぼす可能性もあるようです。

米軍の台風最新情報

引用元:Official U.S. Navy Website

赤い矢印で示されたところが、熱帯低気圧を示しています。

大きい白い塊がみえますね。

引用元:Official U.S. Navy Website

台風となった場合の米軍の進路予想です。

関東に影響が出そうな進路になっており、心配しています。

気象庁の最新情報

気象庁ではまだ、熱帯低気圧についての発表は出ていませんので、正式な発表がありましたら追記致します。

スポンサードリンク


ヨーロッパの最新情報

9月6日の予報

左側の大きな黄色の丸い塊が台風14号(カジキ)。

右側の黄色い塊が台風15号の見込みです。

9月7日の予報

9月8日の予報

引用元:ヨーロッパ中期予報センター

関東を覆っているのが分かります。

ウェザーニース

引用元:ウェザーニース

衛星からの非常に分かりやすい情報が提供されていました。

世界の進路予想によると、関東に影響が出そうですね。

台風の勢力が弱くても、大雨や暴風の影響が出る場合があるので今後も注意して情報を確認していく必要がありそうです。

スポンサードリンク


まとめ

台風13号・14号に続き15号の熱帯低気圧も発生しており、台風が3つ同時に発生する可能性もあるかもしれません。

熱帯低気圧については、まだ勢力や進路の予想は定まっていないようですが今後も注意していく必要がありそうですね。

九州はとくに8月下旬から天気の悪い日が続いていますし、残暑も厳しいので夏バテや熱中症にも十分気を付けてください。

-天気
-

Copyright© Aozora Takaku , 2020 All Rights Reserved.