スポンサードリンク

おすすめ 観光・イベント

六義園の紅葉2019の見頃・ライトアップはいつ?アクセスや駐車場についても調査!

投稿日:

六義園は東京都内でも人気の紅葉スポットです。

数ある大名庭園の中でも、六義園(りくぎえん)は最も美しい「回遊式築山泉水庭園」(かいゆうしきつきやませんすいていえん)で、江戸時代を代表する日本庭園として名勝に指定されています。

今回は六義園の紅葉2019年の見頃やライトアップの期間、アクセスや駐車場について調査してみました。

スポンサードリンク


六義園の紅葉2019年の見頃はいつ?


六義園は、徳川五代将軍・徳川綱吉の側用人(そばようにん)柳沢吉保が7年もの歳月をかけ築き、天下一品と評価された大名庭園です。

明治維新後は、三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が購入整備して別邸とし、昭和13年に現在の東京都へ寄贈されました。

関東大震災や東京大空襲の被害を受けることもなく、造営時の面影をそのまま残されています。

つばさ
まさに奇跡の庭園です。一度は訪れてみたい名所ですね。

人々に大切にされてきた時の流れ、凝縮された自然の美しさを静かに楽しめる歴史ある紅葉スポットなのです。

六義園の紅葉の見ごろ

例年、11月中旬から紅葉が始まり、11月下旬から12月上旬頃にピークを迎えます。

12月10日を過ぎると落葉が多くなるようです。

六義園では、もみじ、ハゼの木、イロハカエデ、イチョウ、ドウダンツツジなど、赤、黄やオレンジのグラデーションの紅葉を楽しめます。

都会の真ん中にありながら静かな時間を満喫できます。

敷地は、なんと東京ドームの2倍ほど!紅葉を楽しみながらゆったり散歩する時間はとても贅沢ですね。

六義園の紅葉2019年のライトアップ期間は?

2019年のライトアップ期間は、11月20日から12月12日です。

夕方16時頃から日が暮れる様子に応じて点灯され、21時まで楽しめます。

暗くなった園内は、秋の夜に色づく木々、光の演出、その姿を鏡のように移す水面、長い時をかけて作り出された凝縮された自然、この全てが幻想的な世界を作り出し、感動しますよ。

言葉では表現できない美しさが広がっています。

都会でこの美しい紅葉を楽しめるとは、感動ですね。

昼間の六義園の紅葉も素晴らしいですが、ライトアップも見逃せないですね。

六義園の紅葉2019年のライトアップでおすすめのスポット

東京ドーム2個分の広さがある六義園は、どこを歩いても素敵ですが、特におすすめの名所をご紹介します♪

・山陰橋周辺の約400本のモミジ

・滝見茶屋

・渡月橋(とげつきょう)

・田鶴橋(たづるばし)で結ばれた中の島

・つつじ茶屋

・吟花亭(ぎんかてい)跡

お1人でも、カップルでも、家族でも幸せな時間を味わえます。

暫し時間を忘れて、時を超えて、ただ深い秋を感じ浸ってみるなんて、最高の秋の夜長になりますね。

スポンサードリンク


六義園へのアクセス・駐車場

六義園へのアクセス

〒113-0021 東京都文京区本駒込6-16-3

お問い合わせ先:03-3941-2222

入園料:一般/300円 65歳以上/150円

※小学生以下・都内在住・在学中学生は無料です。

JR 山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」から徒歩7分。

都営地下鉄三田線「千石」から徒歩10分。

ライトアップの期間は、六義園の染井門を開門するため、「駒込駅」から2分で入園できます。

チケット売り場が大変混むため、裏門で購入か前売券の購入がおすすめです。

六義園の駐車場

六義園には駐車場はありませんが、近隣にはタイムズ文京グリーンコートやリパークなどのコインパークが沢山あります。

六義園の周辺にあるタイムズの情報はこちらです。

六義園の近隣駐車場

六義園の近隣で予約できる駐車場はこちらから検索できます。
Akippa

六義園の茶屋

紅葉と同じくらい楽しみなのは、茶屋での一休みですね。

紅葉を眺めながら、かわいらしいお菓子とお抹茶を頂けるなんて幸せですよね。

六義園には一休みできる茶屋やお土産屋がいくつかあります。

その中でもおすすめな茶屋は

空の下休憩できる茶屋

「ふき上げ茶屋」

吹上げ茶屋営業時間:9時〜20時半(L.O.20時)

お部屋の中で休憩できる時期限定の茶屋

「心泉亭」(しんせんてい)

心泉亭営業時間:
平日 12時〜20時(L.O.19時半)

土日祝日 10時半〜20時(L.O.19時半)

これもまた、無くてはならない楽しみの1つですね。

スポンサードリンク


まとめ

六義園の紅葉2019の見頃・ライトアップ期間やアクセスや駐車場についても調査してみました。

都内とは思えない美しい紅葉を楽しむことができる六義園はおすすめの紅葉スポットですね。

昼間はもちろん、ライトアップ期間もおすすめです。

紅葉を見ながら、お茶を頂いたり、自然に触れて身も心もリフレッシュできること間違いなしです。

-おすすめ, 観光・イベント
-

Copyright© Aozora Takaku , 2020 All Rights Reserved.