スポンサードリンク

生活

むらさきのスカートの女あらすじ・感想!通販や電子書籍ストア情報も!

更新日:

今村夏子さん著「むらさきのスカートの女」第161回芥川賞受賞しました。

どんな小説なのでしょうか?芥川賞候補になった際に早速読んでみました。

「むらさきのスカートの女」のあらすじや感想をご紹介します。

書店では売り切れ続出しているようなので、通販や電子書籍についても調べてみました。

スポンサードリンク


むらさきのスカートをはく女のあらすじ

むらさきのスカートをはく女の帯に書いてる本の紹介

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない〈わたし〉は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で働きだすように誘導し、その生活を観察し続ける。

むらさきのスカートの女

簡単なあらすじをご紹介。

気になって仕方ないむらさきのスカートをいつもはいている女を観察している主人公。

観察といっても(ストーカーとも感じる少し微妙な感覚)、無職のむらさきのスカートの女に仕事が見つかるようにしてあげたり・・など友達になりたくて色々と見えないところで親切にする。

主人公の影の協力もあり、同じ職場で働くことになった2人。

むらさきのスカートの女は職場の上司と不倫。

同時期に職場の備品をバザーで売っていると疑われる。

口論となり、上司が2階から転落。

主人公がむらさきのスカートの女が逃げれるようにサポート。

2人は後に落ち合う約束をするが・・

そして結末。

スポンサードリンク


むらさきのスカートの女の感想

・面白かった。著者の本を読んだのは初めてだが、期待以上の面白さだった。

・むらさきのスカートの女とは結局なんなのか……?

・最後までぐいぐい読ませる。ほかの誰にも書けない、今村夏子だけの世界だと思う。

・ほかの誰にも書けない、今村夏子だけの世界だと思う。

感想については賛否両論でした。

この小説のすごいところは、最後までよくわからず、考え続けることかもしれないと感じた。

こうかな?こういうこと?こうなるかな?などと想像するのが面白いのかもしれない。

帯に書いてあったように「狂気と紙一重の滑稽さ。」がなぜか引き込まれてしまう。

独特の世界観を感じる小説です。

むらさきのスカートの女の通販サイトと電気書籍

書店では、芥川賞を受賞したことで売り切れているところも多いようです。

通販サイトを調べてみました。

2-3日以内に発送可能
↓↓

AMAZON 電子書籍

↓↓

2019年07月下旬発送予定
↓↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

むらさきのスカートの女 [ 今村夏子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/7/19時点)

電子書籍だとすぐに読めますね。

アプリで立ち読みもできます

↓↓

売り切れの際は待たずに読める電子書籍がおすすめです。

スポンサードリンク


今村夏子さんの作品一覧

今回の芥川賞受賞により今村夏子さんの他の作品も読んでみたいと思った方も多いのではないでしょうか?

実は過去にも芥川賞受賞候補に2回なっていました。今回の賞はついに受賞という感じですね。

デビュー作:「こちらあみ子」 三島賞受賞

第2作:「あひる」芥川賞候補、河合隼雄物語賞受賞

第3作:「星の子」芥川賞候補、野間文芸新人賞受賞

デビュー作から注目されていた才能さる作家であることが分かりますね。

今村夏子さんの作品は、どれも他の人には出せない世界観があり、不思議な感覚を味わうことができます。

熱狂的なファンも多く、他の作品にもそれぞれの独特な面白さがあります。

全ての作品を読んでみたいですね。

スポンサードリンク


まとめ

芥川賞を受賞した「むらさきのスカートの女」をご紹介しました。

読みやすい文章であっという間に読めました。

感想は賛否両論のようですが、日常では感じることのない不思議な世界観を小説で味わうのは面白いです。

他の芥川賞受賞作品も読んでみたくなりますね。

-生活
-

Copyright© 青空高く! , 2020 All Rights Reserved.