スポンサードリンク

2019夏ドラマ

監察医朝顔のロケ地岩手県三陸鉄道の綾里駅はどこ?病院や目撃情報も!

更新日:

7/8(月)9:00からドラマ「監察医朝顔」がフジテレビでスタートします。

山口智子さんが久しぶりに出演することでも話題になっています。

今回は監察医 朝顔の気になるロケ地を調査してみました。

スポンサードリンク


監察医 朝顔のロケ地

クランクインは三陸鉄道の綾里駅

東日本大震災によって母親が行方不明になるというストーリーであることから、東北ではないかと予想が出ています。

公式Twitterによると、クランクインは東北の線路で行っています。

駅については、万木平役の時任三郎さんのTwitterにヒントがありました。

三陸鉄道の綾里駅りょうりえき

綾里駅ってどこにあるのかな?

岩手県大船渡市三陸町綾里にある三陸鉄道リアス線の駅

駅の愛称は「綾姫の里」

海岸沿いなのがわかりますね。

その後、車内の様子もありましたので、もしかしたら被災して別の場所に移動するのかも?とも思われます。

スポンサードリンク


病院はどこ?

監察医ということで、病院がロケ地になっている可能性は高いです。

どこの病院なのか調査してみました。

病院の内装にレンガが使われていそうですね。

朝顔の勤務地は神奈川のようです。

横浜での撮影の様子もありました。

病院について正確な場所はまだ特定できていませんが、神奈川近郊の可能性も高いかもしれません。

詳しく分かり次第追記していきます!

監察医 朝顔の撮影目撃情報

2019年6月24日(月曜日)に茨城県龍ケ崎市の公式HPにて

2011東日本大震災後、東北のとある避難場所で主人公が行方不明の母親を探しているシーンの撮影のためにエキストラが40名程度募集されていたようです。

茨木県龍ヶ崎市はちょうど東北と神奈川の間ですね。

撮影の様子などの目撃情報はまだ出ていませんでしたが、かなり広い範囲で撮影をしていそうです。

スポンサードリンク


監察医 朝顔のあらすじ

監察医朝顔は、震災で母を失った法医学者が遺体の”生きた証”を探す感動作です。

東日本大震災で母を失って以来、法医学者の娘 万木朝顔(上野樹里)ベテラン刑事の父親 万木平(時任三郎)が寄り添い生きる日々を描くストーリー。

原作はこちらです。

原作:香川まさひと、作画:木村直巳による医療漫画です。

法医学者の娘が発見された遺体の生きた証を見出すために、ベテラン刑事の父親とともに遺体の謎を解明していく物語です。

原作も読んでみたい!マンガなら読みやすい

 

監察医朝顔 1【電子書籍】[ 香川まさひと ]

価格:486円
(2019/7/4 15:10時点)
感想(0件)

原作では、阪神淡路大震災となっていますが、ドラマでは東日本大震災によって母が行方不明になっているという設定になっています。

また朝顔の苗字が原作の「山田」から「万木(まき)」に、朝顔の父親の名前が「万平」から「平(たいら)」になっています。

まとめ

監察医朝顔は東北をメインに撮影をしていますが、朝顔の勤務地が神奈川であることから病院は関東で撮影している可能性が高いかもしれません。

目撃情報などが見つかれば、追記していきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

-2019夏ドラマ
-

Copyright© Aozora Takaku , 2020 All Rights Reserved.