スポンサードリンク

NEWS 天気

2019台風5号の卵発生の進路予想と米軍最新情報も!関東への影響は?

更新日:

詳しく知る
2019台風5号の卵発生の進路予想と米軍最新情報も!関東への影響は?

15日午後、台風の卵が発生しているとニュースになっていました。時速15kmで西へ進んでいます。 今後の気になる進路や関東への影響を調べてみました。 スポンサードリンク Contents1 米軍の台風最新情報2 2019年7月15日午後3時の気象庁の予想3 台風5号の進路予想4 関東への影響は 米軍の台風最新情報 米軍 JOINT TYPHOON WARNING CENTER 赤丸がついてるところが台風の卵です。 赤丸は、24時間以内に勢力を増す見込みです。 16日午後3時には時速30キロに速度を上げ、中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルになると予想されています。 スポンサードリンク 2019年7月15日午後3時の気象庁の予想 15日午後3時フィリピンの東に熱帯低気圧があり、時速15キロで西に進んでいる模様です。 中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。 沖縄では波の影響が心配ですね。 スポンサードリンク 台風5号の進路予想 台風が発生しました。 ”16日(火)午後3時、フィリピンの東海上で台風5号が発生しました。中心気圧は994ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、1時間に約15キロの速さで西に進んでいます。 台風はこの後向きを北に変え、18日午後には先島諸島に接近する見込みです。” 今後の台風5号の状況も分かり次第追記します。 スポンサードリンク 関東への影響は 関東も昼間は日も差しそうですが、山沿いは雷雨がありそうです。 関東北部では滝のような非常に激しい雨の降るおそれもあるそうです。 明日朝は、通勤通学の時間帯は、雨の降らない所も多いようですが、気温の上昇も加わって大気の状態が不安定となるかもしれないようです。 各地で雷雨となり、特に夕方は、関東北部で1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれもあります。 夜にかけても、関東甲信や四国、九州北部地方などで激しい雨の降る所があるようです。 明日の午後からは、注意が必要ですね。 7/17 追記台風の進路予想 7/17 17:00 梅雨前線や台風5号の影響で沖縄から奄美、そして西日本は20日(土)にかけて大雨となるおそれがあります。最新の情報に注意が必要です。 7/18 10:30追記 台風5号は、7/18昼過ぎから夕方にかけて、石垣島や宮古島などの先島諸島にかなり接近する見通しです。 注意が必要です。 梅雨前線は日本海まで北上する予想。西日本から東日本、北日本も雨になりそうです。 18日18:30 雨の予想量19日18:00まで 24h予想20日18:00まで 24h予想 沖縄200ミリ100~150ミリ 奄美150ミリ100~200ミリ 九州南部180ミリ200~300ミリ 九州北部150ミリ100~200ミリ 四国150ミリ200~300ミリ 中国 120ミリ50~100ミリ 近畿・東海150ミリ50~100ミリ 北陸150ミリ100~150ミリ スポンサードリンク 20日1:20 長崎県五島市50年に一度の大雨 20日14:30 21日にかけて、南西諸島や西日本でも猛烈な雨のおそれがあります。土砂災害に厳重な警戒してください。また、きょうは九州北部で高波や暴風にも警戒が必要です。東~北日本は曇りや晴れの所が多いですが、にわか雨の所もあるでしょう。

15日午後、台風の卵が発生しているとニュースになっていました。時速15kmで西へ進んでいます。

今後の気になる進路や関東への影響を調べてみました。


スポンサードリンク


米軍の台風最新情報

米軍 JOINT TYPHOON WARNING CENTER

赤丸がついてるところが台風の卵です。

赤丸は、24時間以内に勢力を増す見込みです。

16日午後3時には時速30キロに速度を上げ、中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルになると予想されています。

スポンサードリンク


2019年7月15日午後3時の気象庁の予想

15日午後3時フィリピンの東に熱帯低気圧があり、時速15キロで西に進んでいる模様です。

中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。

沖縄では波の影響が心配ですね。

スポンサードリンク


台風5号の進路予想

台風が発生しました。
”16日(火)午後3時、フィリピンの東海上で台風5号が発生しました。中心気圧は994ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、1時間に約15キロの速さで西に進んでいます。
台風はこの後向きを北に変え、18日午後には先島諸島に接近する見込みです。”

今後の台風5号の状況も分かり次第追記します。

スポンサードリンク


関東への影響は

関東も昼間は日も差しそうですが、山沿いは雷雨がありそうです。
関東北部では滝のような非常に激しい雨の降るおそれもあるそうです。

明日朝は、通勤通学の時間帯は、雨の降らない所も多いようですが、気温の上昇も加わって大気の状態が不安定となるかもしれないようです。

各地で雷雨となり、特に夕方は、関東北部で1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれもあります。

夜にかけても、関東甲信や四国、九州北部地方などで激しい雨の降る所があるようです。

明日の午後からは、注意が必要ですね。

7/17 追記台風の進路予想

7/17 17:00

梅雨前線や台風5号の影響で沖縄から奄美、そして西日本は20日(土)にかけて大雨となるおそれがあります。最新の情報に注意が必要です。

7/18 10:30追記

台風5号は、7/18昼過ぎから夕方にかけて、石垣島や宮古島などの先島諸島にかなり接近する見通しです。

注意が必要です。

梅雨前線は日本海まで北上する予想。西日本から東日本、北日本も雨になりそうです。


18日18:30

雨の予想量19日18:00まで
24h予想
20日18:00まで
24h予想
沖縄200ミリ100~150ミリ
奄美150ミリ100~200ミリ
九州南部180ミリ200~300ミリ
九州北部150ミリ100~200ミリ
四国150ミリ200~300ミリ
中国
120ミリ50~100ミリ
近畿・東海150ミリ50~100ミリ
北陸150ミリ100~150ミリ

スポンサードリンク


20日1:20

長崎県五島市50年に一度の大雨

20日14:30

21日にかけて、南西諸島や西日本でも猛烈な雨のおそれがあります。土砂災害に厳重な警戒してください。また、きょうは九州北部で高波や暴風にも警戒が必要です。東~北日本は曇りや晴れの所が多いですが、にわか雨の所もあるでしょう。

-NEWS, 天気

Copyright© Aozora Takaku , 2020 All Rights Reserved.